美白用の洗顔石鹸の働きとは?

美白の方法には次の3つがあります。
今あるシミを薄くする(シミを解消)
新しくシミができるのを防ぐ(シミを予防)
黒ずみやくすみを解消し明るく見えるようにする(透明感アップ)
その中でも美白洗顔石鹸の働きは、主にシミの予防と透明感アップです。美白洗顔石鹸といってもシミを消す美白成分が入っているものはほとんどないからです。
しっかり保湿しターンオーバーを促進することで、シミ層を排出することもできますがとても時間がかかります。また、年齢が上がるにつれてかかる時間も長くなります。そのため、今あるシミの解消には美白洗顔石鹸ではなく、美白化粧品を使うのが一般的です。

美白のために洗顔石鹸を選ぶポイント

洗浄力、保湿力、メラニン対策がポイント

洗浄力
毛穴の黒ずみや、古くなった角質汚れを取り除くことでくすみを解消します。粒子が細かく吸着力が高い泡で洗浄すると毛穴の奥の汚れを取り除くことができます。
保湿力
肌は乾燥するとキメが荒くなります。すると光が乱反射し、全体的にくすんで見えます。しっかり保湿し肌のキメを整えることで透明感がアップして見えます。
メラニン対策(ターンオーバー促進)
ご存知の通り、シミの原因はメラニンです。メラニンができないように対策することで、シミが出来るのを予防します。肌のターンオーバーを促進することで、出来たばかりのメラニンが肌の外に排出されやすくなります。
この3つのポイントをおさえて、目的にあった石鹸を選びましょう。

美白ケア洗顔石鹸 総合ランキング

商品名 価格 詳細

米肌 肌潤石鹸
3,500円
送料無料
キメ細かい泡が毛穴の汚れや古い角質をすっきりと取り除く。水分保持機能の改善が認められている唯一の有効成分「ライスパワーNo.11」を配合。加齢とともに減少するセラミドを生み出す力を持っているので、自ら潤う肌に!透明感のあるすべすベとした素肌へ導きます。

どろあわわ
2,980円
初回1,490円
沖縄の美容泥くちゃが毛穴の汚れ・黒ずみを落とす。コラーゲン、ヒアルロン酸、大豆イソフラボン配合でしっかり保湿。透明感のある肌へ。

然よか石けん
1,800円
初回1,705円
医薬部外品
火山灰シラスの石鹸。自然由来成分のアロエエキス、ローヤルゼリーエキス、コラーゲンを配合。販売個数2000万個以上の人気石鹸。

VCOマイルドソープ
2,847円
初回1,423円
貴重なヴァージンココナッツオイルの石鹸。合成界面活性剤を不使用なので敏感肌の方にもおすすめ。大きいので2ヶ月くらいもちます。全額返金制度あり

ウド石鹸
2,800円 ウドエキスがメラニンの生成を抑制、潜在ジミまで撃退。毛穴の汚れを取り除き、しっかり保湿。パアッと明るい透明肌に。


米肌 肌潤石鹸が人気No.1の理由

厚生労働省が認めた水分保持能の改善でターンオーバー促進

美白のための洗顔石鹸を選ぶポイントは洗浄力、保湿力、メラニン対策(ターンオーバー促進)です。米肌はクリーミーでキメ細かい泡が毛穴の黒ずみや、皮脂汚れ等をしっかり落とします。

米肌の注目ポイントはライスパワーNo.11を配合していること。ライスパワーNo.11は医薬部外品として水分保持能を改善できると厚生労働省から認められている唯一の有効成分なのです。水分保持能とは、角層に水分を保持する力のことです。肌の角層に水分を保持するという点において、他の洗顔石鹸よりも優れています。


一般的なセラミド配合化粧品は一時的に肌の水分量を増やすだけです。しかし、米肌に配合されたライスパワーNo.11は肌内部でセラミドを生産し肌が水分を保つ力を改善してくれるのです。肌自らが潤いを作り出せるように導きます。さらに、大豆発酵エキス、ビフィズス菌発酵エキスといった保湿成分で外側からも潤いを与えます。このように外側から保湿するだけでなく、内側からも潤うダブルのケアでターンオーバーを促進。これが米肌が人気の理由です。


価格を見ると他の石鹸よりも少し高いように感じます。しかし、他の石鹸は定期コースの初回が安くなっているだけで2回目からは高くなります。米肌の公式サイトによると、毎日朝晩2回の洗顔で2~3ヶ月分なので、実はコスパ的にも米肌がおすすめです。 米肌には14日間使える米肌トライアルセットもあります。石鹸、化粧水、クリーム、化粧水マスク、エッセンス、ジェルクリームなど6点セットが1,500円なの低価格で試したい方はこちらをチェックしてください。

米肌 肌潤石鹸 公式サイトはこちら

美白の悩み別で洗顔石鹸を選ぶ

シミが出来る原因

紫外線に当たったり日焼けをするとシミができますが、この時肌の奥ではメラニン色素が作られています。黒いメラニン色素が生成されるのでシミやクスミになるのです。つまりシミやクスミの原因はメラニン色素ということになります。
メラニン色素は紫外線などの外部刺激から肌を守るために生成されるものです。シミが出来ないようにUVケアをする人は多いですが、それだけでは十分ではありません。なぜかというと、紫外線以外にも様々な外部刺激によってメラニンが作られるからです。例えば、花粉やアレルゲン、肌荒れやニキビなどによる炎症、カミソリなどでムダ毛処理したときの刺激なども外部刺激です。敏感肌や乾燥肌といった肌の弱い人が刺激の強い美容成分を使ったときにも炎症を起こしてメラニンが生成されます。肌の弱い方には洗顔料も低刺激のものがおすすめです。

シミの無い肌にするには

シミの無い肌にするには大切なことが2つあります。それは既に出来てしまったシミを解消することとシミが出来ないように予防することです。すでにあるシミを解消するには肌のターンオーバーを促進して、角質層に出来たメラニンを肌の外に排出することが大切です。それだけで効果が現れない場合は、美白効果の認められる美白成分を配合した化粧品などを使うことも重要です。しかし美白成分には刺激の強いものも多いので注意が必要です。
シミが出来ないようにするには肌のバリア機能を正常に働かせ、外部刺激によりメラニン色素が作られないようにします。肌のバリア機能を正常にするには肌の水分量が大切なので、保湿重視のケアをするようにします。
洗顔についてはゴシゴシ洗うと肌に強い刺激となるので、メラニン色素が作られる要因となります。そのため泡で優しく洗うのがコツです。泡立ち抜群の洗顔料が良いですね。それから保湿力の高いものを使って、肌の水分量をアップさせバリア機能を正常に働かせるようにします。保湿はターンオーバーを正常化するためにも重要な要素です。保湿力抜群の洗顔料がおすすめです。また保存料やパラベン、防腐剤、着色料など不使用で肌に優しいものを使いましょう。

口コミで評判の良い美白石鹸が良い?

口コミでの評価が悪いものよりも良いものを選びたいですよね。しかし、口コミでの評価が高いからと言って、その洗顔石鹸が自分にも合っているとは限りません。人それぞれ肌質が違うので、ある人にとっては効果があったとしても、別の人にしてみると肌質に合わなくて強い刺激を感じることもあります。ですから口コミを参考にするときは、その情報を発信している人の肌質が自分の肌質と似ているかを確認しましょう。もし自分と肌質が全然違うという場合は、自分に合わないかもしれないということを念頭に置いておきましょう。

さらなる美白のために

美白に良い洗顔石鹸というのは、メラニン色素ができないようにケアしたり、メラニン色素が排出されやすいように肌のターンオーバーが正常に働くようにケアするものです。これだけだとシミで悩んでいる方には物足りないのも事実です。美白に良い洗顔石鹸といっても、美白成分が入ってないのがほとんどだからです。すでにある悩みには洗顔石鹸だけでなく美白成分が入っている美白化粧品(化粧水、美容液、クリームなど)も一緒に使うのがおすすめです。

ラインで使う美白化粧品の中には洗顔石鹸や洗顔フォームが含まれているものもあるので、そのようなシリーズを使うのも選択肢になります。